家庭教師ガイド

家庭教師の全てをお伝えします。

もう迷わない!家庭教師バイトの探し方とおすすめの家庭教師会社を紹介

      2016/07/21

 

家庭教師バイトを探している時に、「おすすめの家庭教師会社」について気になる方も多いかと思います。しかし、「おすすめの家庭教師会社はどこですか?」と質問されても、一言で答えることは難しいです。なぜなら、家庭教師バイトをする上で何を重要とするかによって回答が異なってくるからです。

そのため、自分が重要とするポイントを軸にして家庭教師会社を探すことが大切です。

 

当記事では、重視するポイント別の、家庭教師会社の探し方とおすすめの家庭教師会社をご紹介します。

目次

1、高時給を重視する方向け、家庭教師バイトの探し方とおすすめの家庭教師会社

2、とくにかく早く家庭教師を始めたい方向け、家庭教師バイトの探し方とおすすめの家庭教師会社

3、学力に不安のある方向け、家庭教師バイトの探し方とおすすめの家庭教師会社

4、塾講師から乗り換えたい人向け、家庭教師バイトの探し方とおすすめの家庭教師会社

1、高時給を重視する方向け、家庭教師バイトの探し方とおすすめの家庭教師会社

なるべく高い時給で効率良く稼ぎたいという方におすすめの方法や家庭教師会社について解説をしていきます。

1-1家庭教師バイトの探し方(高時給を重視する人向け)

とにかく高い時給で働きたい場合は、個人契約の家庭教師がおすすめです。家庭教師会社に登録する方法よりも高い時給で働くことが出来ます。個人契約とは、家庭教師会社を介さずに、直接ご家庭と家庭教師の契約を結ぶ契約方法のことを指します。家庭教師会社を間に挟まないため、時給が高くなる傾向にあります。しかし、自分で生徒を見つけなければならないため、始めるまでに時間を要するといったデメリットもあります。

地域によっても異なりますが、個人契約の家庭教師の時給相場は2,000~3,000円程度となっています。家庭教師会社に登録した場合は、時給が高くても、1,700~2,000円程度となります。個人契約の場合は特に、中学受験経験があったり、難関大学に在籍していたりすると時給が相場よりも高くなる傾向にあります。(尚、個人契約の家庭教師の詳しいやり方については、よく分かる!個人契約の家庭教師パーフェクトガイドの記事をご覧下さい。)

1-2おすすめの家庭教師会社(高時給を重視する人向け)

個人契約だと生徒が中々見つからず手間も掛かりそうだという方へ、高時給の家庭教師会社をおすすめします。その特徴として、中学受験生や難関大学受験生などの指導に特化していたり、プロ家庭教師の在籍が多く授業料が高かったりするなどがあります。そういった家庭教師会社だと、家庭教師バイトの時給が高くなる傾向にあります。よって、そのような家庭教師会社の中でも、大学生の家庭教師バイトを募集している家庭教師会社がオススメです。

具体的な家庭教師会社名だと、「家庭教師のサクシード」「プロ家庭教師ウイング」などが挙げられます。大学生の募集をしており、最低時給が相場よりも高いため、高時給で効率良く稼ぎたい人にはおすすめの家庭教師会社です。

各家庭教師会社の特徴や時給相場は以下の通りです。

<おすすめの家庭教師会社(高時給を重視する方向け)>

家庭教師会社名 特徴
家庭教師のサクシード ・対応エリアは1都3県

・大学生の時給は1,800円以上

・中学受験生の指導が可能であれば、時給は2,000円以上になる

・指導前に研修があり、指導開始後でも随時本部からのサポートを受けることが出来る

プロ家庭教師ウイング ・対応エリアは1都3県

・大学生の時給は1,700円以上

・指導未経験の大学生の採用も積極的に行っている

・塾の経営で有名な市進教育グループが運営している

 

1-3家庭教師バイトでより多く稼ぐコツ

家庭教師バイトでより多く稼ぐコツは、個人契約の家庭教師バイトを行い、且つ曜日とエリアを決めて、その中で複数の生徒を受け持つことです。例えば、17時から小学生を教えて、その後20時から隣駅の中高生を教えれば、移動時間が短く、1日に2人でも無理なくシフトを組むことが出来ます。週に1回、2人の生徒に対して各120分授業を行った場合、月に20時間働くことになります。個人契約の家庭教師バイトの時給相場2,500円で月収を計算した場合、月収50,000円となります。

YUKI_kodomookane15144623_TP_V

 

<複数の生徒を受け持つ際の注意点>

複数の生徒を受け持つ場合は、必ず同じ曜日で且つ近いエリアの生徒を受け持つことが重要です。しかし、2件とも高時給で場所が近い案件だったからと言って、自宅から離れたエリアで2件受け持つと、どちらかの生徒が曜日を変えたいと言った場合などに、別の曜日に遠くまで通わなければならなくなるため、一気に効率が悪くなります。

家庭教師バイトは半年~1年など長期契約が多いため、その間に受け持った生徒が別の習い事を始めて、授業の曜日が変わるなど良くあることです。そのため、通勤に時間を取られて効率性を失わないようにするためにも、なるべく、自宅から大学の間など、自分の生活圏内で家庭教師バイトをするようにしましょう。

2、とくにかく早く家庭教師を始めたい方向け、家庭教師バイトの探し方とおすすめの家庭教師会社

家庭教師バイトは、家庭教師会社へ登録後に採用されたとしてもすぐに指導開始となるわけではありません。生徒が見つからなければ指導を開始することが出来ません。よって、すぐに家庭教師バイトを始めたい人に向けた、家庭教師バイトの探し方とおすすめの家庭教師会社について解説をしていきます。

2-1家庭教師バイトの探し方(とにかく早く家庭教師を始めたい人向け)

すぐに家庭教師バイトを始めたいと思っている方には、一括登録サイトで複数の家庭教師会社に登録をする方法がおすすめです。地域によっては生徒不足などの理由から、家庭教師会社に登録をしたのに、3ヶ月経っても生徒紹介の連絡がないといったケースもあるためです。仮に、同時に複数の家庭教師会社から案件の紹介があったとしても、条件に合わない案件は断れば良いだけですので、複数社に登録しても特に問題ではありません。複数の家庭教師会社に登録することで、紹介される案件(生徒)が多くなるため、結果として自分の条件に合った生徒が見つかりやすくなります。

おすすめの一括登録サイトは、家庭教師アルバイト募集ナビです。各家庭教師会社の条件を比較して、一度の個人情報の入力で複数の家庭教師会社に登録することが可能です。また、優良家庭教師会社のみの掲載となっているので、安心して登録することが出来ます。

2-2おすすめの家庭教師会社(とにかく早く家庭教師を始めたい人向け)

とにかく早く家庭教師を始めたい人におすすめの家庭教師会社は、大手且つ対応エリアが広い家庭教師会社です。大手だと、対応している地域が広いところが多いため、都市部以外でも生徒が見つかりやすくなります。具体的な家庭教師会社名だと、「家庭教師のトライ」「学研の家庭教師」などが挙げられます。どちらの家庭教師会社も、大手で生徒数が多いため、自分の希望に合った案件を見つけやすいという特徴があります。

各家庭教師会社の特徴や時給相場は以下の通りです。

<おすすめの家庭教師会社(とにかく早く家庭教師を始めたい人向け)>

家庭教師名 特徴
家庭教師のトライ ・対応エリアは全国 ※全国に対応している家庭教師会社家庭教師のトライのみ

・家庭教師業界最大手で、ご家庭からの認知度が高いため、生徒数が多い

・時給は1,300円前後からのスタートが多い(地域によって異なる)

・案件が多いため、他社よりも自分の希望に合った生徒が見つかりやすい

・トライの公式サイトにて現在募集中の案件情報を調べることが出来る。

学研の家庭教師 ・対応エリアは、北海道・東北・関東・東海・関西・中国・九州(一部地域を除く)

・時給は1,500円以上が多い(地域によって異なる)

・指導開始前に、本部がご家庭からヒヤリングするなど、事前のサポートが手厚い

・指導開始後も本部と授業に関する情報共有の場が設けられる

 

 3、学力に不安のある方向け家庭教師バイトの探し方とおすすめの家庭教師会社

家庭教師バイトをする上で、ある程度の学力が求められることは事実ですが、「学力に自信はないけど、家庭教師バイトに挑戦してみたい!」と思っている方もいるかと思います。そこで、学力に不安の家庭教師バイトを始める方法や家庭教師会社についても解説をしていきます。

3-1家庭教師バイトの探し方(学力に不安のある方向け)

学力に不安のある方におすすめの方法は、複数の家庭教師会社に登録して且つ、自分の通っている大学の求人から家庭教師バイトを探す方法です。

複数の家庭教師会社に登録をすることで、紹介される生徒の数を増やすことが出来ます。また、大学の求人は、その大学に通っている生徒向けの求人になりますので、学歴で落とされるということは起こりません。よって、インターネットで公開されている求人よりも採用されやすい傾向にあります。

<上記の方法でも中々生徒が見つからない場合>

有名大学が近くに無いエリアを選ぶというやり方もあります。例えば、家庭教師バイトを行う際に、通っている大学の近くで行うか、自宅付近で行うか迷った場合などは、近くに有名大学が無い方を選ぶことをおすすめします。有名大学付近では、そこに通っている大学生が家庭教師バイトを行っている比率が高いため、避けたほうが無難です。反対に、近くに大学が無いエリアなどは、家庭教師バイトが不足している可能性が高く、家庭教師バイトの競争率が高くないため、生徒の紹介を受けやすくなります。

3-2おすすめの家庭教師会社(学力に不安のある方向け)

家庭教師、バイト、おすすめ「女性」

学力に自信がない人には、指導未経験の大学生や短大生などを積極的に採用している家庭教師会社や案件の多い大手の家庭教師会社などがおすすめです。具体的な家庭教師会社名を挙げると、「学生家庭教師会」「家庭教師のトライ」などです。学生家庭教師会は指導未経験の大学生の採用を積極的に行っているため、未経験の方のサポートを手厚く行っております。家庭教師のトライは業界最大手で生徒数が圧倒的に多く、家庭教師に対して学歴以外にも様々な要望を持つ生徒が在籍しているため、学力に不安のある方でも生徒とのマッチングがしやすくなっています。

各家庭教師会社の特徴や時給相場は以下の通りです。

<おすすめの家庭教師会社(学力に不安のある方向け)>

家庭教師名 特徴
学生家庭教師会 ・対応エリアは36都道府県(一部地域を除く)

・時給は1,300円以上

・未経験でも指導出来るように、指導解説書を完備

・必要に応じて、本部より無料テキストの提供がある

家庭教師のトライ ・対応エリアは全国 ※全国に対応している家庭教師会社家庭教師のトライのみ

・家庭教師業界最大手で、ご家庭からの認知度が高いため、生徒数が多い

・時給は1,300円前後からのスタートが多い(地域によって異なる)

・案件が多いため、他社よりも自分の希望に合った生徒が見つかりやすい

・トライの公式サイトにて現在募集中の案件情報を調べることが出来る

 4、塾講師から乗り換えたい人向け、家庭教師バイトの探し方とおすすめの家庭教師会社

塾講師は授業時間以外に、テストの採点をしたり、授業準備や後片付けをしたりなど想像以上に雑務が発生します。それに比べて、家庭教師バイトは事務作業がほとんどありません。そのため、効率良く稼ぐために、家庭教師バイトへの転身をお考えの方も多いのではないでしょうか。そのような方に向けて、家庭教師バイトと塾講師の違いに触れながら、家庭教師バイトの探し方とおすすめの家庭教師会社について解説をしていきます。

4-1塾講師と家庭教師バイトの拘束時間の比較

実際の拘束時間を時給換算し、塾講師と家庭教師バイトで比較をします。

■塾講師の時給と拘束時間

塾講師は少なくとも授業時間の前後30分は準備や後片付けとして労働が発生します。一般的な授業時間である80分×2コマ働いた場合、その他の事務作業1時間をプラスすると実働時間は約3.6時間となります。実働時間3.6時間を個別指導塾の相場2コマ(160分)3,200円程度(地域によって異なる)で時給換算をすると、おおよそ時給888となります。

往復の通勤時間を仮に30分として実働時間に加味した場合、塾講師のバイトに掛かる時間が合計4.1時間となり、単純に2コマ(160分)あたりの相場3,200円で再度時給計算をすると、時給が約780ということになります。

<塾講師の時給と拘束時間の例>

1コマ(80分)1,600円で2コマ働いた場合

発生する賃金

1,600×2=3,200円(2コマ)

塾講師のバイトに掛かる時間

授業時間2.6時間+授業前後の準備時間1時間=合計3.6時間の実働

実働時間3.6時間+通勤時間0.5時間=合計4.1時間

賃金を合計時間で時給換算した場合

3,200円÷4.1時間=おおよそ時給780円

 

■家庭教師バイトの時給と拘束時間

家庭教師、バイト、おすすめ「女性・スーツ」

 

家庭教師バイトの場合は授業時間外に、授業準備30分、授業後に保護者の方とのお話15分、合わせて45分程度発生します。授業時間を120分として、プラス45分すると実働時間は2.75時間となります。家庭教師バイトは授業数ではなく時給で計算されるため、実働時間2.75時間を、時給相場の1,500円(地域によって異なる)で時給換算をすると、時給が約1,100となります。更に、家庭教師バイトでは授業準備は自宅や大学でも行えるため、実質の拘束時間は塾講師よりも短くなります。

家庭教師の場合は、駅から遠いご家庭も多いため、通勤に時間をかけ過ぎると、割の良い仕事ではなくなってしまいます。往復の通勤時間を仮に30分として実働時間に加味した場合、家庭教師バイトに掛かる時間が合計3.25時間となり、時給相場の1,500円で再度時給計算を行うと、時給が約920ということになります。

<家庭教師バイトの時給と拘束時間の例>

時給1,500円で2時間働いた場合

発生する賃金

1,500円×2=3,000円

家庭教師バイトに掛かる時間

授業時間2時間+授業以外の時間0.75時間=合計2.75時間

実働時間2.75時間+通勤時間0.5時間=3.25時間

賃金を合計時間で時給換算した場合

3,000円÷3.25時間=おおよそ時給920円

 

家庭教師バイトを始める際には、時給だけで判断せず、自宅もしくは大学に近いお宅の案件を探すことが重要です。なるべく授業時間以外に時間を掛けずに働くことで、塾講師よりも効率良く稼ぐことが可能となります。

 

4-2家庭教師バイトの探し方(塾講師から乗り換えたい人向け)

塾講師の経験があり、生徒の合格実績もお持ちの方には、個人契約の家庭教師の方がおすすめです。

個人契約の家庭教師は時給相場が高いですが、中々生徒が見つからないというデメリットもあります。しかし、実績をアピールすることで、比較的生徒が見つかりやすくなります。個人契約の家庭教師であれば、自身の経験によって時給を上げることが可能ですし、家庭教師会社への報告など余計な業務も発生しません。そのため、現在の塾講師で想像していたよりも労働時間が長く、効率良く稼げないとお悩みの方には、自分の経験を活かして個人契約の家庭教師バイトを探すことおすすめします。(個人契約の家庭教師の詳しい内容についてはよく分かる!個人契約パーフェクトガイドの記事をお読み下さい。)

4-3おすすめの家庭教師会社(塾講師から乗り換えたい人向け)

家庭教師会社に登録する場合は、塾講師での指導実績で優遇してくれる家庭教師会社がおすすめです。指導実績を活かすことで、相場よりも高い時給で家庭教師バイトをすることが可能となります。具体的な家庭教師会社名を挙げると、「家庭教師のアクセス」「家庭教師のサクシード」などです。エリアは限られてしまいますが、中学受験生の指導実績のある方は特に優遇され、相場よりも高い時給での指導が可能となります。

各家庭教師会社の特徴や時給相場は以下の通りです。

<おすすめの家庭教師会社(塾講師から乗り換えたい人向け)>

家庭教師名 特徴
家庭教師のアクセス ・対応エリアは1都3県

・大学生の時給は2,000円以上

・指導マニュアルや志望校対策マニュアルなどがある

・得意科目1教科から指導が可能

家庭教師のサクシード ・対応エリアは1都3県

・大学生の時給は1,800円以上

・中学受験生の指導が可能であれば、時給は2,000円以上になる

・指導前に研修があり、指導開始後でも随時本部からのサポートを受けることが出来る

 

まとめ

おすすめの家庭教師会社を中心に、家庭教師バイトの探し方や働き方について解説をしていきましたが、いかがでしたでしょうか?

おすすめの家庭教師会社についてインターネットで検索をしても、中々具体的な家庭教師会社名までは出てこないため、参考に出来る点もあるかと思います。本記事を参考に、自分の中で、家庭教師バイトを探す軸を明確にし、その軸をもとにして、お住まいの地域に対応した家庭教師会社について調べてみて下さい。

 - 家庭教師バイト