家庭教師ガイド

家庭教師の全てをお伝えします。

どれが私に合ってるの!?英語・英会話の家庭教師会社を徹底比較!

      2016/05/29

英語・英会話の家庭教師会社を徹底比較!の画像

英語・英会話学習には皆さんもご存知のように様々な方法があります。
代表的なものは留学・ホームステイ・英会話教室・聞き流し教材・通信教育・オンライン英会話・家庭教師・英会話カフェです。

このように、近年では国際化に伴って様々な英語の学習機会が作られてきています。
英語・英会話の家庭教師もそのひとつです。

特に英会話の家庭教師は、マンツーマン授業で英語を話すことができるため、座学や通信教育等より高い効果を期待することができます。また、初心者だから多くの人の前で話したくない方、グループ授業だと他の人に気を使って質問ができないという方などにとってはとても良い機会になることでしょう。

では英語・英会話の家庭教師を選ぶときにはどのようなことに気をつけたら良いのでしょうか?
そもそもどんな先生がいるのでしょう?
今回はそんな少し謎が多い「英語・英会話の家庭教師」を徹底分析しました!

目次

1,英語・英会話の家庭教師とは?まずは基礎知識を押さえよう!
 1-1英語・英会話の家庭教師の種類
 1-2授業内容
 1-3料金相場
2,英語・英会話の家庭教師はどんな人に向いているの?
3,良い英語・英会話の家庭教師の見つけ方
 3-1主要な家庭教師派遣会社の比較
 3-2主要な個人契約家庭教師紹介サイトの比較
 3-3タイプ別おすすめ家庭教師会社!!
4,おわりに

 

1, 英語・英会話の家庭教師とは?まずは基礎知識を押さえよう!

自分にあった良い家庭教師を選ぶ際、”どんな種類があるのか”や”どんな授業をしてくれるのか”など、基本的な知識を抑えておくことは欠かせません。
まずは、英語・英会話の家庭教師の基本情報である《種類・授業内容・料金相場》をチェックしましょう。

1-1 英語・英会話の家庭教師の種類

大きく分けて、家庭教師派遣会社の教師個人契約の教師があります。その特徴を表にまとめました!

■家庭教師の種類■
  家庭教師派遣会社 個人契約
教師の種類 試験や採用基準をクリアし、会社に登録を行っている日本人・外国人教師 身元確認、選抜は契約前に行われていない為、様々なレベルの日本人・外国人教師が混在している
教師との契約法 家庭教師派遣会社を通しての契約 公共スペースの張り紙や斡旋サイトの紹介で教師と直接契約
料金比較 中間マージンが発生するため、個人契約より比較的高い傾向 希望の価格帯と合った家庭教師を選ぶことができる
教師の交代 無料で交代教師を手配 個人の責任で教師を解約し、新規の先生を手配しなければならない

 

上記のように家庭教師派遣会社の契約では、個人契約よりも金額が高くなりますが、選抜済みの教師が手配されることや、教師交代にリスクが無いなど、さまざまなサービスが付与されています。2つを比較すると、良い教師に巡りあう可能性は家庭教師派遣会社の方が高いということができるでしょう。
また、個人契約では、基本的に教師の選抜や身元確認が行われていないため、初めて連絡をとりあう際などにリスクを伴います。しかし、個人契約サイトでは年配の外国人教師から現役学生の外国人教師まで、バラエティに富んだ教師が登録されているため、良い先生を探すことができればローコストで英語学習ができるでしょう。

1-2 授業内容

授業内容では子供向けと大人向けとで大きな違いがあります。

 

~子供向け~

英語・英会話家庭教師の授業では主に発音・聞き取りの授業が多いです。
子供向けのアニメや絵本、カードやおもちゃを利用します。目的としては英語を覚える・学ばせることより、英語に慣れ、英語で遊ぶ授業が展開されます。
皆さんもご存知のように、英語には日本語圏で生活してきた我々日本人にはどうしても聞き取れない音があります。それは、英語独特の強弱アクセントによるものだと言われています。しかし、最近の研究では1歳までに英語を聞き、幼児~10歳までに継続して英語に触れておくと、世間で”英語脳”と呼ばれている「英語を日本語訳せずに語順でそのまま理解できる」能力が身につくということがわかっています。
そのため、子供の英語教育では、文法などの難しい理論を勉強するのではなく、楽しく継続的に英語を学べる方法が重視されています。

 

~大人向け~

大人の場合、目的に合わせて授業内容は様々です。
家庭教師の良いところは、先生が生徒一人ひとりにあった授業ができることです。
トラベル英会話・ビジネス英会話・TOEIC得点アップ・発音矯正等個人のニーズに合わせて、様々な授業を展開してくれるでしょう。
しかし、個人契約か家庭教師紹介センターを通して契約するかで、教材や授業の中身は変わってきます。
個人契約では、その先生オリジナルの英語教授法で授業が行われます。教材も自作の教材から経験に基づいた指導まで様々なものになるでしょう。逆に、すべてが先生の能力やレベル次第ということができます。
家庭教師紹介センターでは、その家庭教師派遣センターの独自のメソッドに沿った教材や授業内容が展開されます。目標までのカリキュラムが考えられたものになるので、効率的に英語・英会話学習ができます。

1-3 料金相場

料金は契約形態(家庭教師派遣会社or個人契約)や、日本人の先生・外国人の先生・一般教師・プロ教師で異なります。
大人向けと子供向けでは家庭教師派遣会社によりますが、¥500前後の値段の違いしかありません。

 

■家庭教師派遣会社との契約の場合■(基本的にプロ講師のみ。講師別に料金が異なる)

契約形態 種類 1時間あたりの料金
家庭教師紹介センター 日本人 \4000~\6000
外国人 \5000~\7000

 

■個人契約の場合■(講師は日本人・外国人様々。経験別に料金が異なる)

契約形態 種類 1時間あたりの料金
個人契約 一般教師 \1500~\3000
プロ教師 \3000~\6000

この他に家庭教師派遣会社では入会費が\10,000~\30,000、教材費が\3,000~\7,000かかります。交通費は個人契約、家庭教師派遣会社にかかわらず支払う必要がある場合が多いです。

 

※「日本人と外国人では何が違うの?」
日本人教師と外国人教師のメリットをまとめました!!

《日本人講師のメリット》
 1)日本人がどこでつまずくかを理解しているので、質問に理論的に答えられる
 2)日本語ネイティブなので、英訳・日本語訳ともに適切に翻訳できる
 3)家庭学習方法など自分の経験(こどもの学習過程)を生かしてアドバイス

《外国人講師のメリット》
 1)自然な英語の発音を教授
 2)ネイティブならではの日常会話表現を教授
 3)実践的英会話と異文化の生活経験の共有ができる場を提供

英語の発音を気にする人は、ネイティブの先生以外は考えられないとお思いになると思いますが、ネイティブの先生の全てが理想的な発音を有しているわけではありません。

日本語に訛りがあるのと同じように、英語の中でもアメリカンイングリッシュの中にも各州で発音の違いはあります。

日本人の先生にも発音が綺麗な先生は沢山いますので、ネイティブか日本人かで最初に決めてしまうのは早計かも知れません。

 

※「英会話の一般教師とプロ教師では何が違うの?」
一般的に、一般教師は「学生家庭教師などのアルバイトとして働いている人」を指し、プロ教師は「家庭教師を本職とし、生計を立てている人」を指します。
特に英語・英会話のプロ教師では、大学の非常勤講師などの経歴の人もいるため指導経験の面で大きく一般の教師と異なります。

普通の日本人が外人に日本語を教えることが難しいように、言語の指導は言い回しの説明や、授業でどのようなアクティビティを行うか等難易度が高いです。

一般の指導経験が浅い教師では答えられない質問も、プロ教師では応えることができるでしょう。

また、外国人講師であれば日本語レベルも指導経験に比例するので、英語でうまく表現できない言葉は日本語で質問することができるなど様々な利点があります。

短期でレベルを上げたい人や、ハイレベルな授業を受けたい人はプロ教師の方が効率的に学習できるかもしれません。

2,英語・英会話の家庭教師はどんな人に向いているの?

家庭教師の特性はなんといってもその柔軟さにあります。生徒一人ひとりの希望の時間や場所、目的に対して合う先生を選べるので、どんな人のライフスタイルにもカスタマイズすることができます。

では、英語・英会話の家庭教師にはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。主な英語教育のサービスについて比較してみました!

■英語・英会話サービスのメリット・デメリット■
種類 メリット デメリット
家庭教師 ・自分のレベルに合わせてもらえる
・日時や場所の変更が可能
・他の生徒がいないので気兼ねなく学習できる
・先生の良し悪しは自分で判断しなければいけない
・比較的料金が高い
英会話教室 ・教師の質がよい(選抜試験がある)
・あらゆる目的に沿ったコースがある
・教室に頼り切りなってしまう人が多い
・比較的料金が高い
オンライン英会話 ・スマホ、タブレットでの受講が可能
・自分のレベルに合わせて受講ができる
・短時間(10~30分)で毎日受講もできる
・ネット回線の良さに左右される
・最近のサービスのため、生徒数に対し教師数が少ない
通信教育 ・スキマ時間を有効活用できる
・主にライティング・リーディング能力を上げることができ、
TOEIC等のテスト対策に強い
・モチベーションや集中力等を自分で管理しなければならない
・リアルではないためスピーキング能力は上げにくい

 

以上より英語・英会話の家庭教師を他のサービスと比較すると
・忙しくて通学の時間が取れない人
・集団授業では聞きたいことを聞けなかったという経験がある人
・人前で英語を話すのが恥ずかしいという人
・自学自習に自信のない人    etc.
に向いているということができます。

また家庭教師の特徴としては、「良い先生に巡り合えれば一番指導環境が良く、自分の希望の価格帯に合わせられるサービス」ということができるでしょう。

3,良い英語・英会話の家庭教師の見つけ方

英語・英会話の家庭教師には、今までお話したとおり”個人契約”と”家庭教師派遣センター契約”の家庭教師がいます。
良い家庭教師に出会うのは、運の要素が大きいです。しかしだからこそ、より良い家庭教師が登録しているサイトを知りたいものです。

そこで、主要な個人契約講師紹介サイトと家庭教師派遣センターの特徴を徹底比較しました!

3-1 主要な家庭教師派遣会社の比較

■子供専用の英語・英会話家庭教師会社■
会社名 Solcilis My pace English Kids English Active Kids ビバイ MTK English Academy
対象 0歳~12歳 4歳~12歳 3歳~15歳 0歳~15歳 0歳~12歳 6歳~18歳
エリア 東京近郊 東京/神奈川/千葉 首都圏全域
(東京近辺/大阪近辺/愛知/福岡)
東京/神奈川/埼玉/千葉/群馬 東京/神奈川/埼玉/千葉 大阪/京都/神戸/滋賀
目的 英会話(聞き取り・発音)、
インター受験、フォニックス
英会話(聞き取り・発音)
英検、留学準備、フォニックス
英会話(聞き取り・発音) 英検、高校受験、
英会話(聞き取り・発音)
読み書き、
英会話(聞き取り・発音)
受験対策、定期テスト対策
一時間あたりの料金
(おおよその料金)
¥5,700 ¥6,200 ¥4,050 ¥3,700 ¥7,500 ¥4,000
入会金 ¥30,000 ¥30,000 ¥16,200 ¥10,000 ¥20,000 ¥0
先生の種類 外国人講師 日本人講師 日本人講師 日本人講師 日本人講師 日本人講師
外国人講師
サポート体制
育児アドバイザーカウンセリング、
英語シッター、インター受験指導

カウンセリング、独自メソッド、
厳選講師(2.5%)

カウンセリング、
留学支援制度有

オンライントーク付き、
毎月電話面談、イベント開催
HPに記載なし HPに記載なし
親子での英語力
向上支援

基礎英語・発音・英会話コース有

親子の特別コース有り
HPに記載なし
見学・参加自由

見学・参加自由

ファミリー英会話コース有り
URL http://soleilis.com/index.html http://www.mypace.biz/ http://kids.ace-gaigo.com/ https://www.active-kids.net/ http://www.bebai.jp/index.html http://www.mtk-ea.com/

 

大人専用の英語・英会話家庭教師会社
会社名    Global Sky Education 大人の家庭教師のトライ My pace English Ace English 英語110番 MTK English Academy
対象 社会人、法人 社会人 社会人 学生~社会人 大学生 学生、社会人
エリア 東京/神奈川/埼玉/千葉 全国 東京/神奈川/千葉 東京/神奈川/千葉/埼玉/大阪/名古屋/福岡/京都 東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬/静岡 大阪/京都/神戸/滋賀
目的 ビジネス英会話、TOEIC、
日常英会話、
ビジネス英会話、日常英会話、TOEFL、TOEIC、 ビジネス英会話、日常英会話、
トラベル英会話、TOEIC、
ビジネス英会話、日常英会話、
英検、、受験対策、TOEIC、
大学受験対策 ビジネス英会話、日常英会話、TOEFL、TOEIC、
一時間あたりの料金
(おおよその料金)
¥12,000 HPに記載なし ¥6,200 ¥6,000 ¥6,000 ¥4,000
入会金 ¥20,000 ¥10,000 ¥30,000 ¥16,200 \0(個人経営) ¥0
先生の種類 日本人講師
※厳選講師(採用率35%)
外国人講師
日本人講師
日本人講師
※厳選講師(採用率2.5%)
外国人講師
日本人講師
日本人講師 日本人講師
外国人講師
サポート体制
カウンセリング

多彩なコース設計、
専任コンシェルジュ、

カウンセリング、独自メソッド、

学習カウンセリング、

カウンセリング、独自メソッド
HPに記載なし
URL http://www.bilingual-connections.com/index.html http://www.otonatry.com/gogaku/ http://www.mypace.biz/ http://www12.plala.or.jp/ACE/adult_index.htm http://eigo110.com/index.htm http://www.mtk-ea.com/

 

※ホームページに記載されている内容を元に作成しています。

 

3-2 主要な個人契約家庭教師紹介サイトの比較

 

■個人契約講師紹介サイト■
サイト名 Sensei Navi.com ネイティブ先生ドットコム Enjoy Lesson hello-sensei.com
対象 子供~大人 子供~大人 子供~大人 子供~大人
エリア 全員 全国 全国 全国
一時間あたりの料金
(おおよそ)
\2,500~ \2,000~ \2,000~ \2,000~\3,000
講師連絡先料金 \3800 (5名分) \3910 (5名分) \3800(人数制限なし) \3,024(5名分)
先生の種類 日本人・ネイティブ講師 ネイティブ講師 日本人・ネイティブ講師 日本人・ネイティブ講師
特徴 ・講師プロフィールの保有資格の確認済み
・データベース日本最大級(80万人)
・講師プロフィールの身元確認なし
・追加5名の連絡先無料
・講師プロフィールの身元確認なし
・条件検索と掲示板機能有り
・講師プロフィールの身元確認なし
・運営が不適切な講師を除去
URL http://www.senseinavi.com/ http://www.nativesensei.com/ http://www.enjoy-lesson.com/ http://hello-sensei.com/

 

 

3-3 タイプ別おすすめ家庭教師会社!!

上の表からニーズ別におすすめの会社を紹介いたします!

■「首都圏在住社会人 Aさん」の場合
Aさんプロフィール
地域:東京 年齢:25歳 英語レベル:片言なら話せる 目的:日常英会話を出来るようになりたい
きっかけ:「社会人になったばかりで時間とお金に余裕はないけど、海外の人と沢山話して英会話を勉強したい!」
おすすめの個人契約斡旋サイト→『Sensei Navi.com』 URL:http://www.senseinavi.com/
【理由】
個人契約はまず料金が低く抑えられる。また、自分の好きな先生を選べるのも特徴のひとつ。
個人契約講師斡旋サイトの中で比較すると、講師連絡先料金は他サイトと相違ないが、唯一講師の保有資格確認があり信頼性が高い講師のみが登録されている。

 

■「2歳になる子供を持つ30代女性 Bさん」の場合
Bさんプロフィール
地域:神奈川 年齢:30代 英語レベル:初心者 目的:子供に英会話を習わせたい
きっかけ:「将来を考えて子供に英語を習わせたい!あわよくば、自分も勉強して子どもと英語で会話したい!」
おすすめ家庭教師会社→『Solcilis』 URL:http://soleilis.com/index.html
【理由】
0歳から子供の英語力を育てる力に特化している。また、親と一緒に英語を勉強できるように、英会話と発音のコースが設置されているなど親への学習サポート体制は他の会社と一線を画している。
単なる遊びとしての英会話ではなく、インターナショナルスクール受験の対策に力を入れているのも特徴。

 

■「社会人10年目、ステップアップのためのスキルがほしいCさん」の場合
Cさんプロフィール
地域:千葉 年齢:35歳 英語レベル:日常会話では困らない 目的:ビジネス英会話の獲得
きっかけ:「まあまあ英語は話せるけど、ビジネスで使えるほどじゃない。ステップアップのために習得したい」
おすすめ家庭教師会社(大人英語・英会話)→『My pace English』 URL:http://www.mypace.biz/
【理由】
会社独自のメソッドを用いた授業や40倍率を通ったハイレベル講師のもと、レベルが高い授業を展開している。他会社に比べ、料金もリーズナブルであり継続しやすいのも特徴である。

 

4,おわりに

現在、英語・英会話を勉強する際にはとても多くの選択肢があります。
社会人になっても、英会話スキルはとても武器になる時代になってきました。しかし、その時代の流れとともに、講師側もかなり増えてきたのも現状です。自分にはどんな先生が適しているかをしっかり考え、会社やサイトを見極めていきましょう!

 - 基礎知識