家庭教師ガイド

家庭教師の全てをお伝えします。

先生になる前に知っておきたい!気になる家庭教師バイトの評判

      2016/05/12

「家庭教師バイトの評判って実際のところどうなの?」といった疑問を解消すべく家庭教師バイトの評判に関する記事を作成しました。

実際に家庭教師バイトを経験した人の体験談もありますので、ぜひ参考にして下さい。

 

 

目次

1、家庭教師バイトの評判

2、家庭教師バイト経験者の声

3、実際に家庭教師バイトを始めたい方へ

1. 家庭教師バイトの実情と評判

他のアルバイトと比べて未経験でも高時給で働くことが出来るといったことから、大学生に人気のある家庭教師バイト、その評判と実情を解説します。

1-1 家庭教師バイトってどんな仕事?

家庭教師バイトは、基本的には生徒の自宅に伺って、マンツーマンで勉強を教える仕事です。

場合によっては、兄弟を同時に教えたり、図書館などを利用して教えたりすることもあります。未経験でも高時給で始めることができ、受け持った生徒の都合さえつけば、授業の振替や授業時間の変更など、ある程度のスケジュール自由度が高いため、講義にサークルにと忙しく、短時間で効率良く稼ぎたい大学生には、取り組みやすいアルバイトといえます。

しかし、その分大きな責任を伴います。生徒の成績向上や志望校合格など、難易度の高い目標を、ほぼ自分一人の力で達成させなくてはなりません。(家庭教師会社に登録している場合でも、サポートは期待できないことがほとんどです。)責任が大きい分、やりがいを感じるという方も多いようで、「人に教えることが好き」という人や、「教育関係の仕事を志望している」という人には、向いている仕事と言えるでしょう。

1-1-1家庭教師バイトの時給

家庭教師バイトの時給相場は契約方法によって少し異なってきます。一般的な方法である、家庭教師会社に登録した場合、地域によっても異なりますが、大学生の家庭教師バイトの時給は、1,300~1,800円程度が相場となっています。家庭教師会社によっては、中学受験経験者や高学歴者の場合、平均時給と比べて、約1割程度時給が度高くなることがあります。

個人契約の家庭教師バイトの場合の時給相場、こちらも地域によって異なりますが、2,000円前後と言われています。個人契約はご家庭と直接の契約になるため、家庭教師会社に登録した場合よりも時給が高くなる傾向にあります。個人契約の家庭教師バイトについては、31-2個人契約で家庭教師バイトをする方法で詳しく説明します。一番多いパターンの週1回、90分指導(時給1,500円)と考えた場合、月収にすると11,250円程度となります。1人の生徒では月に稼げる金額が多くないことから、掛け持ちをされる方も多いようです。

1-1-2家庭教師バイトの拘束時間

前述の通り、授業は、1人の生徒に対して、週に1日(平日が多い)、夕方~夜の時間帯に90~120分行うことが多いです。それに加えて、授業のたびに、授業の準備(15~30分)、親と話す時間(15~30分)、合計2~3.5時間程度はかかることになります。加えて、家庭教師会社を通してバイトをしている場合は、家庭教師会社へのレポートを月に一回提出する必要があります(30分程度)。授業時間(90分の場合)と合わせると2.5時間程度拘束されることになります。時給1,500円で90分の授業を月5回を行った場合、月収は11,250円となり、授業時間(90分)毎に授業準備の時間(30分)と親と話す時間(30分)を加味した場合、月の拘束時間は、12.5時間となります。それに月1回のレポート時間(30分)を追加すると、月合計13時間の実働時間で月収が11,250円ということになります。そして、月収を時給(1,500円)に換算すると、約865円という計算になります。

特に注意しなくてはならないのが移動時間です。近くに塾がないからといった理由から家庭教師を選択している家庭も少なくないため、移動時間が片道30分~60分程度と長くなりがちです。90分の指導のために、60分かけて移動するとなると、他のバイトより、稼ぐ効率が悪くなってしまう可能性もあります。極力移動時間が少なくて住むご家庭を選択することが大切となります。

1-1-3家庭教師アルバイトの交通費

自分で交通費を負担するということは滅多にありません。一般的に、個人契約でも家庭教師会社に登録した場合でも、家庭教師アルバイトの交通費は、ご家庭から実際にかかった交通費を現金で直接頂くことが多いです。稀に、家庭教師会社から給料と一緒に交通費が振り込まれる場合もありますので、事前に確認することをおすすめします。また、交通費は実費で支払われると言っても、ほとんどの場合、定期券内は支払いの対象ではありません。長期休暇に入り、定期券が切れる場合は、事前に家庭教師会社に申請したり、個人契約の場合はご家庭に相談したりなど、注意が必要です。

後々、交通費のことで金銭トラブルに発展しないためにも、事前の確認を怠らないようにしましょう。

1-1-4家庭教師アルバイトの掛け持ちについて

家庭教師アルバイトの掛け持ちは問題ありません。家庭教師会社に登録をして案件を引き受けた後に、他の家庭教師会社で仕事をすることも可能です。しかし、生徒の都合で授業を振り替えなければならない時もありますので、複数の生徒を受け持つ場合は、スケジュール管理を徹底しなければなりません。また、家庭教師アルバイトの掛け持ちの場合、生徒の学年と科目が同じであれば、授業準備や予習を一度に済ませることも可能ですので、効率良く働けるというメリットもあります。

もちろん、家庭教師アルバイトだけではなく、他のアルバイトと掛け持ちすることも出来ます。家庭教師アルバイトは、週に1回というシフトが多いため、他のシフト変更がしやすいアルバイトと掛け持ちしている大学生も多くいます。

<家庭教師バイトの特徴まとめ>

家庭教師バイトの時給 時給相場1,300~1,800円(地域により異なる)
家庭教師バイトの拘束時間 授業時間+親と話す時間(約15~30分)

※その他に掛かる時間

・授業の準備(15~30分/1回の授業)

・家庭教師会社へのレポート作成(約30分/月)※家庭教師会社により異なる

・移動時間(派遣先により異なる)

家庭教師バイトの交通費 交通費は一般的にご家庭が負担する

※定期券内を除いた金額で実費分のみ支給される。

家庭教師バイトの掛け持ち 掛け持ちは問題無い

1-2よくあるトラブル

家庭教師会社の中には、具体的には、賃金を支払わない・個人情報を悪用する・不利な契約をさせるなどといった悪行を行う悪徳家庭教師会社が存在します。悪徳家庭教師会社でアルバイトを始めてしまうと、様々な被害に遭う可能性がありますので、注意が必要です。事前に被害例や特徴などについて知り、同じような被害に遭わないように気をつけましょう。

具体的な被害例については、以下に記載をします。

<個人情報を悪用される>

一括登録サイトなどでアルバイト登録時に提供した氏名・住所・電話番号などの個人情報が悪用されたり流出したりすることがあります。一旦、個人情報が流れてしまうと、身に覚えのない電話がかかってきたり、迷惑メールが大量に届いてしまったりします。

簡単に個人情報を入力しないように注意して下さい。個人情報を入力する時は、そのサイトの隅々まで目を通し、怪しいサイトではないか確認しましょう。

 

<退職時に脅される>

退職も申し出た時に、「契約違反になるので途中で退職は出来ない」と言って無理やり家庭教師アルバイトを続けさせたり、「退職するなら賠償金を払ってもらう」と脅したりする会社があります。

退職時のトラブルを防ぐためにも、契約時には必ず契約書の確認をしましょう。内容をよく読まずに契約書にサインをしてはいけません。契約書を読んだ時に不明瞭な点があった場合は、分かったふりをせず、必ずその場で確認しましょう。

 

<ご家庭に高額教材を売りつけることを強要される>

ご家庭に高額教材を売りつけることを家庭教師アルバイトに強要してくる家庭教師会社があります。高額教材を売りつける悪徳会社は、家庭教師業界の中では特に多いです。

教材を売るだけでは家庭教師アルバイトに直接的な被害はありませんが、その悪徳会社が罪に問われた時に、そこで働いていた家庭教師アルバイトもトラブルに巻き込まれる可能性があります。

高額教材販売会社を見分けることは難しいため、事前に会社の公式サイトを見たり、口コミを詳しく調べたりする必要があります。

 

2、家庭教師アルバイト経験者の評判(体験談)

家庭教師アルバイト募集ナビを通して家庭教師アルバイトを始めた人達の実際の体験談をまとめました。

これから家庭教師バイトを始めようと思っている方にとって参考になる内容ばかりですので、ぜひ目を通してみて下さい。

 

■M.Kさんの体験談(埼玉県/男性/文学部)指導学年:高校2年 指導科目:英語、古文

 <家庭教師バイトのやりがいについて>

勉強していく中で本人のやる気が上がっていくのが一番うれしいです。なかなか成績が上がらなくても勉強の取り組む姿勢から変わっていく姿には人間の可能性を見せられているような気もしました。本人のやる気を引き出していくことも仕事のうちの一つです。

<人間関係について>

生徒は初めは引っ込み思案で何を話しかけてもほとんど会話になりませんでした、しかし、徐々に時間がたつにつれ趣味の話や学校での話をしてくれるようになり、指導後の保護者との会話の中でも徐々に変わりつつあることは実感しています。

<家庭教師会社のサポートについて>

担当者の方が丁寧に指導の流れを説明してくださいました。研修は特になく注意事項が羅列された書類と契約書を交わすくらいで、本人任せな部分が多い気がしました。月に一回指導報告書を提出するので、その際に時々レスポンスがあるくらいです。

本部の方は面接時には親身になって対応してくれましたが、それ以降はとくに家庭からの連絡がない限り連絡を取っていません。指導報告書を丁寧に記入しているので、特に不明な点がないから連絡がないのかわかりませんが、保護者の方も心配するくらい放任主義になっているのではないかと思います。

■M.Mさんの体験談(神奈川県/女性/理工部)指導学年:小学5年 指導科目:算数、理科

<家庭教師バイトのやりがいについて>

自分ができることについて頼っていただけることで、嬉しく思うと同時に責任感を感じており、自分も成長できるように感じています。生徒さんが良い成績を取って、本人が喜んでいたりご家族に感謝されたりする時が一番嬉しいです。

<人間関係について>

真面目な生徒さんに熱心で協力的なご家族と、家庭教師として働く上でとても恵まれた環境だと実感しています。普段なかなか関わることのない小学生の子供が相手ですが、だんだんとうまくコミュニケーションをとることができるようになりました。

<家庭教師会社のサポートについて>

面接が夜遅い時間になってしまったのですが、指導の具体的な流れやコツ、注意点などを丁寧に説明してくださいました。初対面の方のご家族に伺わないといけないので不安でしたが、事前に社員の方が訪問した時の様子を教えてくださったので助かりました。

ご家族や生徒さんの様子、指導で困っていることはないかなど気にかけていただき、安心して働くことができました。生徒さんの苦手に沿ったプリントを用意してくださったりテスト結果もチエックされていたようで、サポートはとてもしっかりしている印象です。

■K.Yさんの体験談(東京都/男性/教養学部)指導学年:小学4年 指導科目:国語、算数

<家庭教師バイトのやりがいについて>

生徒様の成績が上がった時、生徒様に指導をしている際に「わかった!」と顔をほころばせてくれる時などに喜びを感じます。家庭教師は、生徒様を成長させるだけでなく、自分も成長することが出来るとても貴重なアルバイトだと思っております。

<人間関係について>

ご家族の方々とも懇意にさせていただいており、お宅におじゃまする度に笑顔で出迎えて下さり、とてもありがたく思っております。これからも、このような関係を維持しつつ、「先生と生徒」の関係は崩さずに仕事をしていければと思っております。

<家庭教師会社のサポートについて>

説明会、や研修、などといった形式のものはありませんでしたが、社員の方から説明を直接受けることが出来たので、本当に良かったと思っています。特に、自分を生徒に見立て、社員の方が模擬授業を展開してくださったことは本当にありがたかったです。

一度本社に出向いて、社員の方から説明を頂戴しました。その際の説明もとても丁寧で、「もし生徒様の成績が上がらなかった場合も全力でサポートする」とのお言葉をいただき、たいへん心強かったことが記憶に残っています。

3. 実際に家庭教師バイトを始めたい方へ

これまでの家庭教師アルバイトの実情に関する内容を踏まえた上で、実際に家庭教師アルバイトを始めたいと思った方へ、家庭教師アルバイトを始める方法について、お伝えしていきます。また、家庭教師アルバイトを探す上での注意点などについても言及していきます。

家庭教師アルバイトを始めるまでの具体的な方法を知り、スムーズに家庭教師アルバイトをスタートさせましょう。

3-1 家庭教師バイトを始めるまでのステップ

家庭教師アルバイトを始めるには、家庭教師会社に登録する方法と個人契約で家庭教師アルバイトをする方法と2つの方法があります。その方法によって、家庭教師アルバイトを始めるまでのステップが異なります。そのため、それぞれの方法別に家庭教師アルバイトを始めるまでのステップについて説明をします。

両方の特徴を知り、自分に合う方法を選べるように、ぜひ参考にして下さい。

3-1-1家庭教師会社に登録する方法

家庭教師_バイト_評判(ノート)家庭教師会社に登録する方法は一般的で、多くの人が家庭教師会社に登録をして家庭教師アルバイトをスタートさせています。具体的な方法とは、家庭教師会社の公式サイトで家庭教師アルバイトの登録を行ったり、一括登録サイトで一度の個人情報の入力で複数の家庭教師会社に登録をしたりします。

登録後は、家庭教師会社から連絡があり、面接の日程を決めます。その面接にて条件のすり合わせなどを行います。採用の場合、家庭教師会社から生徒の紹介を受けられるようになります。紹介された中で自分の条件に合った生徒が見つかれば、その案件を引き受けて、授業スタートとなります。家庭教師会社によっては、実際の授業を始める前に、研修が受けられる場合もあります。

家庭教師会社に登録する場合は、ご家庭からもらう授業料の中に、家庭教師会社への仲介料なども含まれるため、時給があまり高くありません。しかし、家庭教師会社が生徒を斡旋してくれるため、条件に合った生徒が見つかりやすいという特徴があります。よって、すぐに家庭教師アルバイトを始めたいという方には、家庭教師会社に登録する方法がおすすめです。

■授業を始めるまでのステップ<家庭教師会社に登録した場合>

①家庭教師会社の公式HPもしくは一括登録サイトなどで、アルバイトの登録を行う。

②登録先の家庭教師会社から直接連絡が来て、日程を決めて面接を行う。

③採用の連絡が来たら、家庭教師会社と相談して生徒とのマッチングを行う。

④担当する生徒が決まったら授業開始。

 

<家庭教師会社に登録する場合の注意点>

家庭教師バイト探しにおいて、「家庭教師バイトへの登録」=「採用・指導開始」ではありませんので、注意して下さい。家庭教師バイトは他のバイトが違い、登録制のバイトです。一括登録サイトや家庭教師会社の公式サイトにて、家庭教師バイトに登録後に採用になったからと言って、すぐに実際の授業が始められるわけではありません。

採用後に、生徒の要望(指導科目、レベル、学年、場所など)と合わなければ生徒を受け持つことは出来ません。生徒数の少ない家庭教師会社に登録した場合、自分条件のと生徒の希望が合う案件が見つからず、登録から数ヶ月経っても依頼が来ないといったケースもあります。そのため、各家庭教師会社の公式HPや一括登録サイトなどで、複数の家庭教師会社にバイト登録をし、自分の条件に合った生徒を見つけることが大切なのです。

また、一括登録サイトでは、個人情報を悪用しようとするサイトがあるので注意が必要です。見分け方として、登録をする際に、登録先である家庭教師会社が載っていない一括路登録サイトは要注意です。反対に、登録先となる家庭教師会社の詳細が一覧で掲載されているサイトは信頼できます。よって、各家庭教師会社の情報が載っている一括路登録サイトを利用し、個人情報が漏洩しないように気を付けましょう。

3-1-2個人契約で家庭教師バイトをする方法

個人契約で家庭教師アルバイトをする方法は、家庭教師会社を介さずに、直接ご家庭と家庭教師アルバイトの契約を結ぶというものです。個人契約の場合、家庭教師の個人契約サイトの掲示板などで自ら生徒を探します。条件の合う生徒を見つけたら連絡を取り、保護者の方と面接を行う流れとなります。その後、ご家庭から「家庭教師をお願いしたい」という連絡があれば、契約を交わして授業スタートとなります。

個人契約の場合は、ご家庭から頂く授業料が全て自分の収入となりますので、家庭教師を介す方法よりも、時給が高くなる傾向にあります。しかし、生徒を自分で探さなければいけないため、家庭教師アルバイトを始めるまでに時間が掛かります。

個人契約の家庭教師に関する詳しい内容は、よく分かる!個人契約の家庭教師パーフェクトガイドで紹介していますので、そちらを参考にして下さい。

 

■授業を始めるまでのステップ<個人契約の場合>

①募集要件(自身のプロフィール)を作成。

②インターネットの掲示板を利用したり、紹介してもらったりして生徒を見つける。

③生徒が見つかったら、契約を結び、授業開始。

3-2どこに登録すればいいの?評判の良い家庭教師会社をピックアップ!

家庭教師・バイト・評判(女性)大手の家庭教師会社の場合、時給はそれほど高くはありませんが、ご家庭からの知名度が高く、生徒が多く集まるため、自分の条件に合う生徒を見つけやすいという特徴があります。反対に、小さい家庭教師会社では、難関中学受験者や難関大学在籍者などは時給が高くなる傾向にあります。しかし、会社の規模が小さいと、条件に合う生徒を見つけるまでに時間が掛かってしまうことがあります。

したがって、大手の家庭教師会社と小さい家庭教師会社と、1,2社ずつ登録することをおすすめします。仮に、同時に生徒の紹介があったとしても、条件に合わない案件は断れば良いので問題ありません。

効率よく、家庭教師アルバイトをスタートされるためにも、一社にとらわれず、規模の違う会社など複数に登録すると良いです。以下に、おすすめの家庭教師会社を大手と中規模の会社に分けて記載をします。

家庭教師アルバイト募集ナビでは、以下に記載の家庭教師会社に一括登録することができます。対応エリアや特徴なども載っていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

<大手でおすすめの家庭教師会社>

家庭教師会社名 特徴
家庭教師のトライ ・業界最大手で対応している全国に対応している

・生徒数が多く、条件に合う生徒が見つかりやすい

・ご家庭からの認知度が高い

学研の家庭教師 ・関東を中心に全国展開している(一部地域を除く)

・研修が充実している

・生徒を紹介してもらう時に、ご家庭に関する細かい情報共有がある

 

<中規模でおすすめの家庭教師会社>

家庭教師会社名 特徴
家庭教師の合格王 ・1都3県に対応している

・本部のサポートが充実している

・ご家庭からの授業満足度が高い

家庭教師のサクシード ・1都3県に対応している

・大学生の時給が同エリアの相場よりも高い

・指導経験のある方は好待遇で歓迎

家庭教師のノーバス ・関東に展開している

・指導未経験の方のために教師用テキスト有り

・同エリアの相場と比べて、時給がやや高めである

学生家庭教師会 ・全国36県に対応している

・指導解説書を完備している

・本部のサポートが充実している

家庭教師のファミリー ・北海道、静岡、富山に対応している

・授業開始前に、指導方法に関する研修有り

・授業カリキュラムに関するプロ家庭教師との打合せ有り

ワオ!の家庭教師 ・オンラインの家庭教師のため、全国に対応している

・通常の家庭教師とは異なり、インターネットを使用して授業を行う

・時給は相場よりもやや低め

家庭教師ウイング【市進教育グループ】 ・1都3県に対応している

・登録後、研修有り

・時給は同エリアの相場よりもやや高め

まとめ

家庭教師バイトの気になる評判について、様々な角度から解説をしていきましたが、いかがでしたでしょうか?本記事をご一読頂ければ、だいたいの疑問は解消出来るかと思います。家庭教師バイトを始める前に、良いところも悪いところも全て知っておきましょう。こちらの記事を参考に、再度検討してみて下さい。

 - 基礎知識